持ち味の多いモビット

その昔初めて社会人になって楽しみしていたのが銀行口座の開設、銀行に口座を持つと一人前になった気分でした。給料は手渡しで現金を頂き、生活費だけ残して後は銀行に預けて必要に応じて引き出して利用する、何となくほっかほっかする気分を味わったことを記憶しています。一方消費者金融は恐ろしくて手を出す気にならず、どうしてもお金が必要になった時は、友人に頼み込むそんな時代がありました。そんな銀行と消費者金融が手を組み生まれたモビット、何となくハイカラな企業名が親しみを覚えます。豊富な資金と厳格な融資管理の銀行、個人向け融資ノウハウを積んだ消費者金融その二つが融合したモビットは、顧客のニーズを先取りするようなサービスを打ち出しています。(業者を比較する場合は参照・・・・審査に通りやすい消費者金融)


<宣伝で知名度を上げる>

モビットのような名前だけでは何をやっている会社か分からない、そんな中テレビコマーシャルで特徴的な宣伝で知名度をあげ、顧客にアピールするこれも営業を進めて行くで大事な要素です。


<迅速な対応>

銀行の厳しい審査、融資に関する様々なケースに対応できるノウハウこの二つを兼ね備えたモビットは、判断材料を豊富抱えているので、融資申込者の必要な情報を取り入れるだけで短時間の審査が可能になりました。即日審査・融資を可能にしたモビット、信頼・安全・クリーンなイメージ等持ち味は多い。

モビットの審査に必要なものは?

消費者金融でも銀行でも、まずは申し込みをすることから始まります。
申し込みをしたら今度は審査に進むわけですが、一体何が必要になるのでしょうか・・・知っておきたいですよね。
それは、本人確認のできる運転免許証や健康保険証、パスポートみたいなので必ず持参するようにして下さい。
モビットの場合は、印鑑は必要ありませんし収入証明書も原則不要となっているから、持参するものは身分証だけ。


《モビットも場合によっては必要》

原則的に収入証明書は不要となっていますが、借入金額が50万円を超えてしまう場合には、収入証明書が必要。
モビットは50万円以上となっていますが、他でも似たような金額になっていて同じく必要になりますから覚えておいて。
収入証明書として成り立つものは、源泉徴収票や給与明細書の写しだそうですから、前もって準備しておくように。
50万円以下の人は気にする必要が無いので、軽く覚えておく程度で構わないと思います。


《ネットからの申し込みがおすすめ》

申し込み方は色々あるのですが、一番いいのはネットからの申し込みなんです。
Web完結と呼ばれている物で、モビットはこちらから申し込みをすれば、在籍確認や郵送物を送る事も無いので安心。
最短30分で手続きを済ませてくれるというのも、大きな魅力なのではないでしょうか?