他の消費者金融と違うモビットの申し込み

モビットの申し込みには、他の消費者金融と異なる点が2つあります。
申し込みに必要な書類が本人確認書類にもあることと、インターネットで手続きを済ますことが出来ることです。
メガバンクの1つである三井住友銀行グループのモビットのカードローンは、モビットカードというシンプルな名前のカードローンです。
他には、三井住友銀行あるいは三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば、振込でキャッシングを行うことも出来ます。
どちらの場合でもその2つは共通するので、いまのうちにご説明しておきます。


《モビットは収入証明書が必要》

モビットの審査では、希望借入額に関係なく申し込みの時点から収入証明書が必要になります。
大半の消費者金融では、50万円あるいは100万円以上の借り入れから収入証明書が必要になることが多いです。
そのため、申し込みの記入は提出する書類と一致させなければいけません。
年収や勤続年数にズレがあると、審査に落ちてしまう可能性が上がってしまうからです。


《WEB完結申込で誰にも知られずにキャッシング》

モビットのもう1つの特徴に、WEB完結申込というサービスがあります。
条件を2つ満たして、本人確認書類、収入証明書、勤務先確認書類の3点を用意したチェックを入れて申し込みに移ります。
契約完了までおおざっぱに表すと、必須情報入力→簡易審査結果→追加入力→必要書類提出という流れになります。
電話確認などがないので、誰にも知られずにキャッシングできるというわけです。